02-ishino-33.gif

2006年12月26日

損保業界は「狼少年」なの?

出展:J−CAST ニュース(2006/12/19)

「子供を諭すかのような」異例の命令 出された大手損保

 自動車保険や医療、保険などの第3分野で保険金の不払いが相次ぐ損害保険業界で、またもや新たな保険金の不払い問題が浮上した。一つの事故に対し、加害者と被害者双方の損保に保険金の支払い義務が生じる「他社またぎ」と呼ばれるケースでも、大量の不払いが起きている可能性があるのだ。

業界はこれまで、他社またぎの問題を認識しながら「調査が大変」と問題を先送りしてきた。業を煮やした金融庁の指示を受け、慌てて調査に乗り出すドタバタ劇を演じている。

 「他社またぎ」徹底調査すると約束したが、過去に何度も「調べるられるものは、すべて調べた」と宣言しては直後に調査漏れや新たな不払いが発覚してきた業界だけに、「狼少年」の感は否めない。

 損保各社は「すでに解決した事故を調べるのは契約者の負担にもなる」(石原邦夫・東京海上日動火災保険社長)との理屈でこの問題を無視してきた。

 こうした契約者軽視の姿勢は、不払い問題の発覚直後から変わっていない。不払いの端緒は05年2月、中堅損保の富士火災海上火災保険が自動車保険金などの一部を支払っていないミスが1万4,000件あったと発表したことだった。これを受け各社が社内調査を実施したところ、すべての社で大量の不払いがあることが発覚。金融庁も各社に徹底調査を指示した。


このタイトルにもありますが、子供を諭すかのような指令ってどうなんでしょう? 普通なら恥ずかしいですよね。

損保業界は「狼少年か!」とも言われてますけど。

「すでに解決した事故を調べるのは契約者の負担にもなる」この理屈には、本当にマイチィングですね。

しっかりしてください。
ちっ(怒った顔)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。